駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

『A級戦犯』とは?

一言で言えば東京裁判で連合国から戦争責任を追及された首相、外相、陸海軍の将官などを指します。28人起訴されましたが、25人が有罪とされ、東條英機元首相ら7人が絞首刑となりました。
 むろん、「A級戦犯」という言葉は、連合国が一方的に作り出した呼び名であり、日本人が用いるのは妥当ではないでしょう。ただ、ここではいわゆるA級戦犯という意味で用います。
 「A級戦犯」はどういう罪に問われたのか?東京裁判は、極東国際軍事裁判所条例を定めて、三つの罪を掲げました。
①「平和に対する罪」(共同謀議して、侵略戦争を計画・準備・遂行して世界の平和を撹乱したという罪)
②「通例の戦争犯罪」(戦争法規及び慣例に違反したという罪)
③「人道に対する罪」(非戦闘員に対して加えられた大量殺戮、奴隷的虐待、追放その他の非人道的行為)
大東亜戦争までは、このうち②の戦争法規及び慣例の違反だけがいわゆる「戦争犯罪」でした。ところが連合国は、ナチスドイツを裁いたニュールンベルグ裁判において、それまでには無かった「平和に対する罪」と「人道に対する罪」を新設し、東京裁判でもこの考え方をそのまま踏襲しました。「A級戦犯」を特徴付けるのは①と③です。東京裁判では「平和に対する罪」は、「侵略戦争」などを「計画、準備、開始または実行」することなどを犯罪としましたが、当時は「侵略戦争」の定義も無く、また国家の構成員として戦争を遂行することを犯罪とする国際法も存在しなかったのです。また、「人道に対する罪」も、もともとナチスドイツのユダヤ人虐殺などを裁くために新設されたもので、連合国は日本の戦争行為をナチスによるユダヤ人大量虐殺と同列のものとして裁こうとしました。(むろん、日本はナチス同様の虐殺は行っておらず、実際東京裁判では「人道に対する罪」で誰も有罪になっていません。)
簡単な例で話せば、今、喫煙者に対する罰則を規定する法を作って、以前に喫煙していた人を裁き罰則を適用させるような、異常なものです。
 つまり、連合国は「法の無いところに犯罪無く、法の無いところに刑罰は無い」という近代法の原則=罰刑法定主義を逸脱して、また「法はさかのぼらず」という事後法禁止の法理に反して、日本の指導者を断罪したのです。このように「A級戦犯」を「A級」たらしめた犯罪概念は、国際法や慣例に基づかない、いわば「勝者の裁き」のために作られた概念といっても過言ではありません。
当時存在した戦争遂行に関わる国際法といえば不戦条約(1928)のみ。自衛戦争以外の戦争を違法化するという趣旨のものですが、自衛戦争か否かは、他国によってではなく自国が決定するというのが国際的合意でありました。東京裁判では、「日本が行った戦争は侵略戦争である」という大前提から出発したのです。
侵略が何であるか分からないのに、国家の指導者を裁くということは、まさに当時の国際法の常識を逸脱する行為だったのです。
当然、戦後日本の国会では「A級戦犯」は連合国が一方的に認定したものであり、受刑者は「公務のための犠牲者」としてきたのです。政府の見解として「犯罪者にあらず」であるから靖国神社に合祀されて当然と言えるでしょう。
 ここで間違っていけないのは、「罪を憎んで人を憎まず」(小泉首相発言)。「A級戦犯=罪人」という認識は首相として軽率なものだったのではないでしょうか?サンフランシスコ講和条約調印以降の国会議事録の中でA級戦犯=罪人という認識はありません。
 靖国に眠っているすべての英霊は日本がいつまでも栄えますようにと願って散った大切なご先祖様方なのです。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/01(金) 23:46:14|
  2. おはなし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<7月2日、結婚式日和(*^_^*) | ホーム | 夏越の大祓式(なごしのおおはらいしき)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/51-3d073967

やまちゃん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search