駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

12月5日~10日、皇居勤労奉仕記

岩手県神社庁の主催する皇居勤労奉仕団に入団。
一般的になかなか入ることのできない皇居内を清掃できるというありがたい企画で、
もともとは、昭和20年12月に宮城県栗原から「御国奉仕団(みくにほうしだん)」が
戦後荒れ果てた皇居内の清掃などのお手伝いをしたのが始まり。
戦後の東京の事情を知っていた御国団は、東京に迷惑を掛けぬよう地元から
食物や掃除用具、草刈り鎌などを各自持参して活動を行った。
今回、宮城から御国奉仕団という団体名で奉仕に来ていた。

現在は、4日間の勤労奉仕。掃除用具等はすべて宮内庁で用意する。

初日の6日は、赤坂御用地の清掃。毎日午前8時半から3時半までの時間帯に400人弱の奉仕者が勤労する。
午後に、皇太子殿下の御会釈があり、
「岩手各地からおいでですか」「どのような方々ですか」というご下問を賜った。
「岩手各地より神職・総代・敬神婦人の団体です」と団長より返答させていただいた。

7日は、皇居東御苑の清掃。
東御苑は一般の方々も許可を得て入ることが可能。異国の方が多かった。
午後に、天皇陛下、皇后陛下の御会釈。
地域の災害や岩手のお米具合などを気に掛けておられた。
ありがたくもかしこくも涙を流す団員もたくさんいた。
私も心からありがたいと思った。

8日は、宮中三殿の清掃。16名のみ。
陛下が御自ら宮中祭祀を奉仕される聖なるところを
お掃除させていただけるなどと普通はあり得ない。
久々に掌典職の村井出仕に会った。やはりあり得ないと。
運が良かったとしかいいようがない。
両陛下に関わることをたくさん書きたいが、
もしかすると口外禁止かもしれないので、
とにかく凄かったと表現しておくことにしよう。

最終日9日は、二重橋付近の清掃。
宮内庁職員より、「正門の守衛の方二名は、微動だにせず門を守っています」
との言葉に(笑わせたらどうなるんだろう)とか勝手な想像を
した方が多かったが、実際は挨拶をするとにこやかに挨拶を返してくれた。
心が和んだ。
最終日を終え、天皇陛下、皇后陛下より「賜物」を賜った。
「天皇皇后両陛下より賜物を預かっております。謹んで伝達申し上げます。」
と宮内庁職員より団員分の賜物を団長が代表してお受けした。
4日間の出来事は、一生忘れることができないし、
又機会があれば、奉仕したいと願っている。

偶然にも駒形神社奥宮にご協力いただいた方二名とお会いした。
皇居内でのそのような出会いは、何者かの導きに思えてならない。
4日間を共にした岩手メンバーを始め、全国の皆様方の益々のご活躍を祈ります。

4日間宿泊した「鴎外荘」
PAP_0004.jpg

宮司代務者
スポンサーサイト
  1. 2010/12/14(火) 19:34:11|
  2. 駒形神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<12月22日、南小学校期末懇談会にて | ホーム | 12月14日、CM制作にあたり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/493-36ab2eac

やまちゃん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search