駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

5月17日

5月23日に奥宮地鎮祭が斎行されますことから

山下宮司代務者、佐藤実行委員副会長さんと下見に行ってまいりました。

水沢から参り、夏油大橋の手前を左折、険しい道のりが続きます。

およそ5,5K地点。雪の吹き溜まりが残っていて

車でこれ以上の通行が不可となっていました。
DSC05449.jpg
DSC05450.jpg
その場所で車を降り5分ほど歩いた先に昨年10月に開通した旧お駒参道入口があります。
DSC05448.jpg
つくしがお出迎え!

地鎮祭参列の皆様には当日の策がございますのでご安心下さい。

いざ登り始め!!

運動不足が祟り・・ペースを整えるのに時間がかかりました^^

しかしながら現地ではまだまだ残雪も多く、それが為か比較的登り易かったです。

荷役ボランティアの皆さんにはピンク色をしたテープを目印に山頂を目指して頂きます。

DSC05529.jpg
登り始めて30分地点。大きな石が目印です。とり合えず休憩。
DSC05465.jpg
身の丈ほどの笹竹は雪の重みで全て倒れ真っ白な銀世界です(多少濁りはありますが・・・)
DSC05472.jpg
DSC05477.jpg
DSC05479.jpg
油断すると罠にはまってしまうこともあります。深い場所では2m程の積雪があるようでした。
DSC05458.jpg
なんだかんだと寄り道をしてしまい、時間を忘れて進みますと、夏油側の登山コースとぶつかる地点。
土のう袋の山が2山!!
DSC05480.jpg
DSC05481.jpg
まだこんなにあるんだ~!と思っていたのですがよく見れば下部分は雪。

スノーモービル隊のご協力で運ばれた時には平地だった部分が

周りの雪だけ融け始め山のようになったのだと佐藤さん。

とり合えずその場で昼食をとりその辺りを散策

水芭蕉、カタクリが見ごろでした。ついでにフキノトウ
DSC05483.jpg
DSC05485.jpg
DSC05478.jpg
少し落ちついたところで各々のリュックに15kの土のう袋を入れます。

若干、水分を含み重みが増したようでした。

ここから、数箇所の難所がありますが数回の休憩をとりながら

慎重に進みます。

頂上です。天候が良く眺めも良かったです。
DSC05499.jpg
DSC05500.jpg

頂上にはセメントをネル為の水為場を用意していたのですが

雪で埋まりまったく見えない状態でした。もう1つ大きな袋が用意されており

水がありましたがまだまだ足りないようです。
DSC05513.jpg
本日の成果・・・どのう袋×3です。
DSC05515.jpg
もっとお伝えしたいことがありましたが
少し疲れたようです。
本日収穫したたらの芽を頂き帰りたいと思います。お疲れ様でした  By晴山
DSC05532.jpg









スポンサーサイト
  1. 2010/05/17(月) 19:50:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<5月20日、社務所の屋根掃除 | ホーム | 5月3日、奉遷記念大祭>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/436-7ebd826a

やまちゃん

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search