駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

11月7日、三宝荒神社例祭

午後四時より三宝荒神社の例祭を斎行致しました。
IMG_9150.jpg

このご祭神である三宝荒神は不浄なものを焼き尽くし、災難や悪いものまでも取り去ってくれる神様です。
かまどの神とも言われ、火とともにいらっしゃる神様なので各家庭に祀られる例が多く、大事にされております。

話は変わって、以前にも書いたことですが、伊勢の神宮では朝夕の神饌調理に忌み火(清らかな火)を使っております。清らかな火は神宮で大切に守られ続け、それが各家庭へも時代と共に反映されてきております。
「同じ釜の飯」は、同じ清らかな火を使って作られた調理という意味であり、同じ火を使った調理を食べた者同士が同じようにご神徳を受けると結びつきが強まり、一体感が与えられます。
と言うことは、家族全員が違う火を使ったものを摂取すると言う場合、家族の絆に影響が及ぶ場合もあると言うことではないでしょうか。
是非、家庭でのお食事は家族そろってお召し上がりください。

スポンサーサイト
  1. 2007/11/08(木) 14:30:33|
  2. 駒形神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<11月17日、神前結婚式 | ホーム | 11月2日、やきいも大会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/280-066ae6e0

やまちゃん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search