駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

6月25日、東北六県神社庁関係者会議

070625_1548~0001.jpg

関係者会議の基調講演で、京都産業大学の所功先生のご講演を拝聴いたしました。
伊勢の式年遷宮が世界的に貴重なものなのに、日本人は千三百年にわたって続いている遷宮の伝統に対しては「あって当たり前」の精神が強く出るよう。
よくよく伊勢神宮の遷宮を考えれば、すごく素敵で壮大で、「一番古くて新しい」という言葉が神宮には合う。


フランシスコザビエルが日本に来たとき、
「日本人は、みんな親切で正直で勤勉で清潔だ」と感じたようです。
どんな人でも「おかげさま」という言葉を使っていることを気にしていたようですが、「おかげさま」や「もったいない」という言葉や思いが日本人をそうさせているのではないか?と考えたようです。

人間は一人で生きているわけではなく、神や万物によって生かされている。共に生きて生かされている。ところが、この常識が薄れてきて、大変なことが起こり始めています。
今、世界を救うキーワードは、
「おかげさま」「もったいない」であるようです。
20年に一度の「おかげさま」を表す大きなお祭りが遷宮であり、
日本人全員が共に協力し合うべきだと思います
スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 00:17:49|
  2. 駒形神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<6月27日、茅の輪(ちのわ)作成 | ホーム | 6月24日、結婚式日和>>

コメント

お疲れ様でした。

先日、秋田での関係者会議、お疲れ様でした。所先生の講演は、初めてでしたが、すーっと中に沁みるいいお話でした。
おかげさまで、無事に終えることができました。当番県の一員として御礼申し上げます。また、掲示板にも早速にコメントいただきありがとうございます。
  1. 2007/07/01(日) 13:21:59 |
  2. URL |
  3. kinzan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/250-33933a51

やまちゃん

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search