駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

1月29日、心の支えとなるのはお金?

今日は旧正月。あけましておめでとうございます。
ご祈祷にたくさんの方がいらしていただきましたこと心より感謝申し上げます。
夜中に門を開けましたが、さすがに旧正月はこの地域では参拝する方が減少しているように思えます。

戦後の高度成長期や教育の影響によって私達の価値観がおじいさん或いはご先祖様方とは変わってしまったような気がします。
心の支えは神社だった昔(社=イヤシロ=癒しを得るところというくらいですから・・・)とは変わって、お金ですべて買えてしまう時代になってしまいました。あるお方は、金さえあれば心も買えると。
お金を軸にして生活したら、不安定な生活になるのは目に見えています。もう一度、心の支えは何なのか、見つめ直す時があってもいいと思います。
「お札(オサツ)からお札(オフダ)の時代に・・・」
誰もが心の片隅に置いて戴きたい文言です。
うすうす気付いてる方もたくさんいらっしゃるとは思いますが。

それから、風呂敷屋の株を上げたいのです。
昔みたいにお札(オフダ)を受けたら風呂敷に包む。
環境に優しいですねぇ。
昔は面倒くさくてもわざわざ包むところにありがたみを感じていたのでしょう。今考えれば、とてもエコロジーな時代だったんだなぁと思います。

とても久々でした。今日はこの辺で・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/30(月) 01:14:21|
  2. 駒形神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<1月30日、宮城にて。 | ホーム | 1月19日、月次祭(つきなみさい)>>

コメント

風呂敷

 風呂敷といえば後藤新平伯爵。
 実際に贈収賄、買収事件が根絶されない以上、「人の心は金で買える」というのは「或る程度」間違いではないと思う、あくまでも「或る程度」。
 もし、「金で買える」と主張する人の目の前にそれなりの大金を積んで「この金を汝にやるから『金で買える』という信条を捨てよ」と求めたらどうなるのだろう。
  1. 2006/02/12(日) 22:36:35 |
  2. URL |
  3. 岩手富士 #B7q/.fmY
  4. [ 編集]

贈収賄買収が法律で禁止されていると言うことは、法では「お金で心を買える」と認めているようなものなんですけど。

後藤新平の「大風呂敷」私は好きです。
が、なかなか・・・。
  1. 2006/02/13(月) 00:31:53 |
  2. URL |
  3. やました #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/117-5a9ed3c1

やまちゃん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search