駒形神社なんでも綴り

駒形神社に関係あることないことを何でも記していきたいと思っております。ご笑覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12月24日、クリスマスイブ

アメリカではクリスマスをハッピーホリデーと名称を変えてしまいました。
日本だけが商いの戦略によりかたくなに伝統と化してきております。
たいていの方々は気分の良い日なのかもしれませんが、あまり好ましくない方々もいることを忘れてはならないと思います。
昨年のクリスマスイブ、渋谷を歩いていた時、キリスト教の宣教活動を目にしました。本当のクリスマスの意義を唱えていたように思えます。
キリスト教信仰者から見れば、意義も知らずにお祝いしようとする方々を変に思うに違いありません。私も神主でありながらクリスマスケーキを戴きました。実はあまり違和感を感じていません。
なぜかというと、クリスマスツリーがヒモロギ(神が宿る樹木)に思えるからです。というか、ツリー自体がヒモロギの影響を受けて出来たものと考えられます。
サンタさんも、神主が町を歩いてお札をおわけする風景にとても似ています。お札の入った箱を持ち歩き、皆様に幸せをお届けする形がどうもダブってしまうのです。というか、サンタさん自体が神主の影響を受けているといっていいと思います。
そう思いながらクリスマスを過ごすことが日本人らしいクリスマスなのかもしれません。
これは上部からお叱りを受けるかな?ごめんなさい。(>_<)
IMG_4391.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/12/24(土) 22:08:26|
  2. 駒形神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<12月30日、大祓式 | ホーム | 12月17日、おゆうぎ会>>

コメント

冬の蕃神

 ヒンズーの神々の中にゴータマやイエスが入っているように、最早我が国ではサンタクロースも一種の蕃神として八百万の神々の末席に連なっているのでしょう。大方の日本人にとってクリスマスは基督教行事ではない、本当にイエスの生誕を祝っている日本人がどれだけいるか。
 しかし万邦無比の神国でありながら天長節や紀元節よりクリスマスが盛んだというのは絶対おかしいと思う。
  1. 2005/12/25(日) 14:48:18 |
  2. URL |
  3. 岩手富士 #B7q/.fmY
  4. [ 編集]

私も同感です。
是非来年の2月11日、紀元節には
ご参列いただければ幸いです。
  1. 2005/12/26(月) 00:04:20 |
  2. URL |
  3. やました #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinja.blog5.fc2.com/tb.php/110-35abbb0b

やまちゃん

01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。